注意すべき時間地と予防|脂漏性角化症に悩まされた時の対処法│日頃の生活習慣は大切

脂漏性角化症に悩まされた時の対処法│日頃の生活習慣は大切

注意すべき時間地と予防

ナース

頭の中にある脳の血管が何らかの原因によって突然詰まってしまい、そこから先の脳細胞が壊死してしまう、これが脳梗塞です。欠陥が詰まってしまう病気なので、高血圧や肥満の人などは当然注意する必要があるのですが、それ以外にも注意すべき時間帯というのが脳梗塞には存在していて、データを見るとその時間帯に特に発症しやすいとされています。では、発症しやすい危険な時間帯とはいつなのでしょうか。脳梗塞が起こりやすい時間帯は早朝方午前中にかけてです。具体的な時間帯としては午前4時から11時にかけて、つまり就寝中と朝、目覚めたときというのが最も発症リスクが高いのです。これは就寝中は水分を取らないため、血液がドロドロになりやすいということが挙げられます。

以上のように、午前中、特に寝ているときと朝起きたときに最も脳梗塞の発症リスクが高いわけですが、これを防止するには、しっかりと水分補給をするということが大切です。水分補給をしっかりすることによって脱水症状も緩和されますし、血液の流れもスムーズになります。水分摂取量の目安としては、汗をかいていない状態でコップ一杯の水を7杯から8杯分というのが目安です。ただし、いっぺんにたくさん飲んでも効果がないので、一回につきコップ一杯の水を飲むというのを一日8回行うと覚えておくとよいでしょう。食事中に水分をとるのは当然ですが、祖霊に飲むタイミングとして適切なのは、朝起きたとき、お風呂に入る前と入った後、そして寝る前などです。